E START

E START トップページ > マガジン  > こねずにほったらかしでOK!初心者さんでも失敗しない「フライパンで焼けるナン」レシピ

こねずにほったらかしでOK!初心者さんでも失敗しない「フライパンで焼けるナン」レシピ

2021-10-21 11:00:00

このレシピを試すのにかかる時間

  • 75分

家でも焼ける!カレーのナン

今回、紹介するナンの生地は、こねずにほったらかしでOK!

以前、紹介したカンパーニュと同じく、ゴムべらで混ぜるだけなので作業もラクチン。手も台も汚れないので気軽に挑戦できるレシピです。

一番のポイントは、焼き方。インドカレー屋さんではタンドールという専用の窯が使われますが、今回はそれをフライパンで。

熱したフライパンに蓋をして、ウラ面を8割、オモテ面は2割くらいの気持ちで、ゆっくり焼き上げるのがポイントです。

底はカリッと香ばしく、生地はもっちり焼き上がったナン。バターを塗って、熱々を召し上がれ!

材料(4枚分)

・強力粉…200g
・水…150ml
・ドライイースト…1g
・砂糖(好みのもの。今回は三温糖)…20g
・塩…3g
・バター…10g

作り方

① ボウルに水を入れ、ドライイーストをふり入れます。

② ①をゴムベラでよく混ぜ、砂糖を加えて、よく溶かします。

③ 強力粉を入れてザッと混ぜ、塩をふり入れます。ゴムベラでよく混ぜ、粉っぽさがなくなればOK。

④ ゴムべらを生地の底に入れて持ち上げ、反対側の底へ押し込みます。それを上下左右行います。

生地が乾燥しないようにボウルにビニールをかぶせ、あたたかい場所に20分ほど置いておきます。

⑤ ④をさらに2回繰り返します。

⑥ ④ではぼそぼそだった生地がつながって、滑らかに、ひと回りほど大きく膨らんでいます。生地のできあがりです。

⑥ 生地と台にたっぷり打ち粉(分量外)をし、生地を4等分に切ります。

⑦ 切り口を真ん中に集めるようにしながら丸めます。生地が乾かないようにビニールをかぶせておきましょう。

⑧ フライパンをあらかじめ熱しておきます。

⑨ 手のひらにたっぷり打ち粉(分量外)をとり、⑦の生地をしずく型に伸ばします。生地の端を手に持ち、下に垂らしながら、生地の重みで伸ばすようにするとうまくいきます。

⑩ ⑧のフライパンに⑨を伸ばしながら入れ、すぐに蓋をして弱火にします。ここで8割がた火を入れてしまうつもりでじっくり焼きましょう。

⑪ べとべとしていた生地のオモテ面が、白く変わり、かさっとした質感に変わって来たら裏返します。

⑫ オモテ面にも美味しそうな焼き色がついたら、焼き上がり。残りの3枚も同様に焼きます。

⑬ 焼き立てにそれぞれバターを塗れば、完成です!

カレーと一緒に召し上がれ。

そうそう、このナンの生地は、冷蔵庫で2日ほど保存もできるんです。

あらかじめ作った生地を手順⑦から冷蔵庫へ。しばらく室温に戻せば、あとは焼くだけ!

焼き立てのナンがあれば、家で食べるいつものカレーもインド料理屋さん気分。ぜひ作ってみてくださいね。

「#フライパンレシピ」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント